煮しめの残りをアレンジするなら?おすすめレシピ3選!

お煮しめの意味とは?アレンジ&リメイクレシピ3選!

 

美味しいお煮しめ

定番ながら根強い人気を誇るお煮しめ、筑前煮
このページでは、お煮しめの意味とリメイクレシピを提案して行きたいと思います!
いっぺんに沢山作るお煮しめだから、アレンジレシピも数種類マスターしておきたいですね♪

 

お煮しめの意味とは?

お煮しめは、日本における家庭料理の代表的な一品である煮物です。
具材は、

  • 人参・蓮根・たけのこ・ゴボウなどの根菜類
  • 油あげや厚揚げ・高野豆腐などの大豆食品
  • 椎茸やしめじといったキノコ類
  • 里芋やこんにゃくなどのイモ類
  • 鶏肉
  • 絹さや

など幅広いのですが、地域地域によって変わってきます。
お出汁・味醂・お酒・お醤油・砂糖などで作った煮汁がなくなるまでじっくり「煮しめる」ということから、お煮しめと言われているみたいですね。

 

九州北部のお煮しめを「筑前煮」「がめ煮」
福井のお煮しめは「こ煮しめ」などと呼びます。
がめ煮は博多弁であつめると言う意味合いの「がめくりこむ」が語源。
様々な食材を集めて煮た煮物、と言う意味です。

 

お煮しめにこめられた願いは、一番最初のページの筑前煮の欄にある通り。
味も美味しく、使われている具材の縁起も良いので、お正月に沢山頂きたいですね。

 

お煮しめのアレンジ・リメイクレシピ

お煮しめで作る茶碗蒸し

まず卵液を作ります。
ボウルに卵を割り入れよくかき混ぜ、そこに出汁汁(麺つゆや白だしでも代用できます)・味醂少々・お醤油少々・塩を加え更に混ぜます。
一手間をかけて綺麗に仕上げたい方は、布巾や茶こしでうらごしをしても良いでしょう。
また健康を考えてイソフラボンなどを摂りたい方は豆乳を少し加えても良さそうです。
ここでお煮しめの残りの具材を二センチ程に切ったものを加えて行きます。
筍と人参、蓮根と椎茸など食感に差がある具材が残っていると食べごたえが出やすくなります。
蒲鉾が残っていたら薄く切って加えましょう。
全て具材を入れたら、蒸し器に入れて蒸すか電子レンジで加熱します。
綺麗に蒸しあがったら、くるっと結んだ飾り三つ葉を飾り、完成です。

 

お煮しめで作るおこわの中華風

普段のお米にもち米も足し、といだら少しおきます。
夏場は30分、冬場は90分位おくと、水分が自然にお米になじみます。
炊き込みおこわを作る際には、具材から出る水分など考慮し、いつもより少しお水を少なめにしておくと良いでしょう。
暫くおいてしっとりとしたお米に、お煮しめの具材を小さく刻んだものを足します。
更に顆粒の鶏ガラスープ・料理酒少々・胡麻油を足し炊飯したら出来上がりです。
しっかりとした味が好きな方はXO醤やオイスターソースなどを加えても良いでしょう。
お煮しめの具材が足りない場合は、人参・キノコなどを少し足してもいいですね。

 

お煮しめを使った豆乳スープ

お煮しめの残りの野菜をとり、ジューサーやハンドミキサーで細かくします。
スープ用のお鍋にみじん切りのニンニクを少し炒めてから、上記の野菜を加え更に全体に火を通します。
全体的に熱がとおったら、豆乳をゆっくりと加え更に弱火でことことと加熱します。
味付けは白胡椒に塩少々、豆乳の量が多い時はコンソメなどを加えます。
お皿によそったら上からパセリやオレガノ、クルトンなどを散らして出来上がり。
和風と洋風が調和したスープです。